当店のスーツ・背広のお手入れ方法をご紹介します。

まず、スーツをお持ち頂いた時、受付にてシミ・キズ等の有無、

生地、洗濯表示等をお客様とご一緒に検品いたします。

(スーツに限らず他の品物でも同様の検品をします。)

ブランド服・高級素材服の場合、洗濯表示がドライクリーニングのみ可

であっても、ドライクリーニングと水洗いのWクリーニングのコースを

お勧めしています。

(2016年12月より洗濯表示が変わりました。新しい洗濯表示はこちら

これからクリーニング店でウエットクリーニング(水洗い)できる背広が

増えてくると予想されます。)

何故、水洗いまでお勧めしているのかと申しますと、

ドライクリーニングだけでは汗は落とせません。

汗を残留したまま放置すると時間の経過と伴に黄変してしまいます。

ですから水洗いをお勧めしているのですが、水洗いには欠点があります。

水洗いはドライクリーニングでは生じない縮み、型崩れ等の現象が

起こります。

水洗いの欠点を分かっていながらそれでもお勧めして

いるのは次のような理由があります。

ドライクリーニングのみで汗が残留し変色した黄ばみは、

漂白しなければならなく、漂白剤は特に動物性繊維に

対して水洗いよりも更に強い負荷を与える事になるからです。

衣服に黄変が現れるまで、クリーニングに出されない方が

いらっしゃいますが、黄変はドライクリーニングをしても

水洗いをしても落ちません。

黄変は洗いとは別の漂白と色修正の復元加工の作業となります。

以上で水洗いの重要性を分かって頂けたと思いますが、

では、ドライクリーニングが意味が無いかと申しますと

そうではありません。

ドライクリーニングは皮脂等の油汚れを落とせますし、

やり方によっては少しの汗を落とせます。

当店でも水に弱い生地などの衣服は

ドライクリーニングを用いたお手入れ方法を

ご提案させて頂いております。

水洗いと言っても、ジャブジャブ洗っている訳ではありません。

下画像は水洗い後、プレス前の背広です。

生地、縫製等によって水洗い後の状態は

変わりますが、ほとんど型崩れしていません。

服を壊さない水洗いをしておりますし、

より良い水洗いの方法・加工剤等

があれば取り入れ、変化・進化させています。

水洗いをするとスーツの元のシルエットが

無くなり、プレスによって復元しないといけません。

下の画像は水洗い後にプレスした背広です。

 

 

 

1点1点、丁寧にプレスして復元させて頂いております。

当店の品質重視のクリーニングサイトはこちら

上記画像に不都合がございました場合、

お手数ですが、当店までご連絡ください。

 

 

 

 

 


 pointmark 店舗案内
 pointmark 〒851-2127
 pointmark 長崎県西彼杵郡長与町高田郷1187番地8
 pointmark TELL・FAX 095-865-7579
 pointmark info@c-arata.main.jp